看護師のデメリット

Pocket

看護師のデメリットはいくつか挙げることができますが、多くの人が一番最初に思い浮かべるデメリットとして資格を取ることの難しさが挙げられます。看護師の資格は国家資格ですので、その試験は非常に難しいですし資格を取るためには国が定めた指定の学校や大学へ通って、看護教育を学ぶ必要があります。この期間は3年以上になることもあり、経済的に余裕がない人にとっては看護師の資格を取るのは非常に難しいと言えます。

もうひとつのデメリットとして、勤務時間の不規則さが挙げられます。看護師が働く場合は2交代制勤務となっており、これは夜勤・深夜勤手当がつくため収入がアップするというメリットがあります。ですがそのぶん1回の勤務時間が16時間ほどになる場合もあり、長時間拘束されるため身体的・精神的な疲労がたまりやすく看護師本人への負担が増えてしまいます。
また看護師は患者の容体によって勤務時間が延びたりすることもあるため、不規則な勤務時間で働くことが多くなるというデメリットを持っています。

看護師は収入を多く稼げる職業ではありますが、そのぶん資格を取るのは難しく仕事もとても大変なものです。不規則な生活になりがちなので体に負担がかかりますし、人の生死に関わる機会も多いので精神的な負担も大きい職業です。こういったデメリットを理解してから看護師にならないと、途中で諦めたり看護師になった後に体を壊してしまう可能性があります。

Pocket

看護師のメリットとは

Pocket

看護師のメリットのひとつは、資格が護師国家資格を取得することで、就職や収入などに不安を感じることが少ないということです。看護師の収入は多いですし、全国規模で見ても求人が無いということはありませんから看護師になった後の就職と収入に心配はありません。
看護師は資格を取得することが難しいだけに、資格を取ってしまえばその後の安定性は非常に優れており、看護師になることの最大のメリットと言えるでしょう。

もうひとつのメリットとしては、親しい人の健康相談などに乗ってあげることができるという点です。看護師は医師ほどではないにしても、非常に詳しい医療知識を持っていますから働いている時以外でも家庭や友人との付き合いの場で、その知識を活かすことができます。またこういった職場以外で健康相談に乗ることで、職場で必要な知識にも深みが増して更なるステップアップを期待することができます。

看護師といえば激務な病院で働くものと考えがちですが、美容皮膚科や美容整形外科などの美容分野であれば比較的残業も少なく、高給でお休みもしっかりとれる場合が多いので、求人情報を見る際には検討してみても良いかもしれません。最近では、美容外科専門の求人サイトなどもありますので、美容分野の求人情報だけが知りたい人は活用してみと便利です。

また、病院以外の企業に所属して働いている企業看護師という職業もあります。こちらの求人も考えていくことで、看護師の働ける場というものは飛躍的に増えていきます。看護師は資格を取ってしまえば、病院だけに限らず多くの職場で働くことができるということが最大のメリットとなっている職業です。

Pocket

看護師になるために

Pocket

看護師はなりたいと思っている人が多く、求人サイトなどを見ても求人が出ていることが多い職業です。ですが看護師には当然メリットとデメリットがあり、それを理解しておかないと看護師を目指しても途中で挫折してしまったり、せっかく看護師になってもすぐに辞めてしまったりということになります。看護師に年齢制限はないため、社会人になった後から看護師を目指すことも可能です。しかしそのためには、知識だけでなく看護師にはどのようなメリットとデメリットがあるのかをきちんと理解しておかなくてはいけません。看護師にはどのようなメリットとデメリットがあるのかを調べる時、便利なのがインターネットです。

インターネット上では看護師だった人の体験談を見ることができたり、メリットとデメリットをわかりやすく解説しているサイトなどもあります。そういったサイトを利用することで、これから看護師になろうという人が看護師になった後のことを考えてさまざまな準備をすることができるようになります。もちろんインターネットの情報がすべて正しいというわけではありませんから、きちんと情報の取捨選択をしておきましょう。

看護師は求人も良く見かける職業ですが、資格の取得や働いていくことは決して簡単な職業ではありません。当サイトでは、看護師のメリットとデメリットをそれぞれいくつか紹介していきます。これから看護師を目指している人が、メリットとデメリットをきちんと把握した上で、看護師になるための準備をきちんと進めていくための手助けとなれば幸いです。

Pocket